不動産を購入するにはどうしたらいいのか

不動産をご購入をお考えの時に、どのような流れで費用はいくら必要となるかご心配だと思います。
そこで、簡単ではございますが、不動産購入の流れと必要な経費について、ご説明させて頂きます。
ご参考にして頂ければ幸いでございます。

<購入までの流れ>
1.不動産の選定  
・土地、中古、マンションなど、ご希望の物件をお探し致します。
資金計画・住宅メーカー等のご紹介・物件案内など、私どもが不動産購入のお手伝いをさせて頂きます。
※住宅メーカー各社とも取引がございますので、お気軽にご相談ください。
不動産を探されていて、ご相談されたい方はメール・お電話等でご連絡ください。
         


2.気に入った物件が決まったら、不動産購入申込書!! 購入申込書
・希望価格、ご要望などは、この時点で売主様へ書面にてお伝えします。
・お申し込みの有効期間は約2週間とさせて頂いております。その間に、資金計画、ローン事前審査など手続きを行い
 購入までの段取りをとります。
・お申し込み期間に第2順位など他の方よりお申し込みがあった場合、期間経過内に内容が決まらない場合は順位が移行する事が
ありますのでご注意ください。
・ローンの借りれ方法などはご相談ください。
3.ローン事前審査の承諾がおりたら、ご契約!!
・売主様、買主様による署名捺印によって契約が成立いたします。
物件の内容や契約書などのご説明で1時間前後時間がかかります。

※ここから費用が発生してまいります。
<契約時に必要なもの>
     ・手付金   ・印鑑   ・身分証明書   

4.引渡し準備、残金支払いの準備
(1ヶ月〜2ヶ月が目安)
・契約が完了しましたら、不動産購入代金の支払い準備へと入ります。
・ローン本申込みに際には契約関係の書類一式が金融機関のほうへ提出する書類となります。
※新築の場合は、この期間内で間取り決定や役所等への許可申請が必要となります。
※金融機関のローン実行の為にローン本申し込み、承認等が必要です。

5.残金決済、引渡し
・ローン本申込みの承認を得られた後に支払い準備を致します。
・引渡しの際に、所有権移転登記や抵当権設定など司法書士による登記手続きが必要となります。
引渡しに関しては、売主様・買主様両方から頂く書類がある為、事前の日程調整が大切です。

<引渡し時必要なもの>
・住民票  ・印鑑  ・身分証明書  ・別途借入れに際に必要な書類


■不動産購入でかかると予測される費用(物件によって該当する項目が違います。)
 
 ・契約印紙代                        ・測量費、境界復元費用
 ・不動産取得税                       ・司法書士費用(所有権移転、抵当権設定、滅失登記 等)
 ・仲介の場合は仲介手数料                ・建物解体費用(建物付きを購入した場合)
 ・引越し費用                         ・設備の点検・リフォーム、ハウスクリーニング
 ・銀行諸経費(保証料、火災保険、事務手数料など)      ・固定資産税精算金                    など

■印紙税について
※土地、建物の売買時の契約印紙税額です。

契約金額              H26.4月〜H30.3月            契約金額           H26.4月〜H30.3月
1万円未満                   非課税               5,000万円超1億円以下           3万円
1万円以上10万円以下            200円               1億円超5億円以下              6万円
10万円超50万円以下             200円                5億円超10億円以下             16万円
50万円超100万円以下            500円               10億円超50億円以下             32万円
100万円超500万円以下          1,000円               50億円超                    48万円
500万円超1000万円以下          5,000円               金額の記載のないもの            200円
1000万円超5000万円以下        10,000円

■登録免許税、不動産所得税について

計算方法 : 不動産の価格(固定資産税評価額) × 税率 = 税額

<所有権移転登記>
売主(所有者)から買主(新所有者)へ名義変更する為に行う手続きです。
(相続、合併、遺贈、贈与、売買 等)

<登録免許税率>

国税庁HP : https://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7191.htm

登記の種類・原因  税率  登記の種類・原因  税率 
 所有権の保存登記 0.4%  地上権、賃借権等の設定又は転貸の登記  1% 
 <所有権移転登記>相続・合併  0.4%  所有権の信託の登記  0.4%
 <所有権移転登記>遺贈・贈与  2%  抵当権の設定登記  債権額の0.4%
 <所有権移転登記>売買等  2%  所有権の移転等の仮登記  1%

上記の一覧はあくまで原則の税率です。この税額より要件を満たせば軽減措置があります。
税額にプラス費用として司法書士の手続き費用がかかります。
※上記の価格はあくまで目安の費用であり正確な金額ではございません。
正確な費用を算出する際には司法書士へ見積もり依頼を行います。


■仲介手数料について
不動産売買の仲介手数
200万円以下            ・・・  取引価格 × 5% × 1.08(消費税8%)
200万円以上400万円以下     ・・・  取引価格 × 4% + 2万円 × 1.08(消費税8%)
400万円超              ・・・  取引価格 × 3% + 6万円 × 1.08(消費税8%)


以上は、購入する際に必要と考えられる内容です。詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください。
購入をお考え頂く際のご参考にご覧頂ければと思います。
物件やお客様によって内容が異なります。あくまでも、ご参考程度でご覧ください。

    

            ご不明な点や詳しくお聞きになりたい事がございましたらお気軽にご相談ください。
                          019-653-7713 
                   info@justice-kaihatu.co.jp